借金問題 相談

もう借りれないというアナタに残された選択肢

銀行、クレジットカード、消費者金融などのキャッシング、カードローンは、
貸金業法の改正にともない、初めて利用する場合にはより
手軽に利用できるようになりました。
その反面、年収の3分の1までに借入れを制限する「総量規制」のおかげで、
総借入額が年収の3分の1に達すると、もう借りれないという状況になってしまいます。

改正貸金業法

また、年収の3分の1に達していなくても、
3社目までは借入れできる場合が多いですが、
4社目からはほとんどの場合、借りられないケースが多くなります。
審査が厳しくない業者であれば融資を受けられるケースもありますが、
業者ごとに審査基準はまちまちです。

そして、それ以外にも延滞などで、契約どおり借金返済できない場合には、
個人信用情報機関に記録される、事故情報や異動情報によって、
やはりこれ以上の借入れができないというケースもあります。

しかしやはり、

借りなければお金がたりない

という場合、どういった選択肢があるのでしょうか。

街金等から借りてしまうのではなくまずは返済する為に借りるという事を考えてみましょう。

借り換え・おまとめ・一本化目的の借入れができる可能性

通常の借入れでは、審査に通るのが厳しい場合、借入れができるかもしれない最後の切り札として、
借り換えローン、おまとめローン、ローン一本化などとよばれる、
複数の借入れを、ひとつにまとめることを、目的とした借入れがあります。
こういった目的での借入れを、まだ試していない場合にはチャレンジしてみる価値はあります。

貸金業法において、こういった目的の借入れは、総量規制の例外とされています。
またこれらの借入れでは、大きな限度額にまで対応しています。

総量規制例外の貸付条項

通常の借入れでは、借りられない場合。
まずはこういったおまとめローンで総借入額分を借りて、ひとつにまとめることで、
金利の負担分や、月々の返済負担を軽減することが可能です。

おまとめローンといえば、銀行カードローンが有名です。
しかし、そもそも銀行での借入れは総量規制の対象外であり、
その上で、審査は厳しい傾向にあるわけですから、銀行にもよりますが、
多重債務となってしまっている場合に、融資を受けるのことは難しいでしょう。
つまり、確実に融資を受けたいのであれば、
消費者金融の借り換え、おまとめローンを利用することが手っ取り早いといえます。

借金問題解決の最後の手段

おまとめローンでの借入れが出来なかった場合、これ以上の借入れは諦めましょう。
そして残された道は、債務整理しかありません。
債務整理も4つに大きくわけることができ、それぞれに特徴があります。

借入額の大きさや、減額することで今後の返済が可能かどうかなどの、
債務者それぞれの困窮の度合いのほか、家だけは手放したくないけれど、
借金を減額したいなどの条件によって適した債務整理の方法があります。

債務整理

借金を減額できたり、帳消しにできるのは大きなメリットですが、
どの方法においても個人信用情報には記録され、ある一定期間はこれ以上の借入れはできなくなります。

最も重い債務整理である自己破産の場合には、家や自動車などのお金に換えることができる
財産については、手放さなければなりません。
そして弁護士、司法書士、税理士、会社役員などであれば、その資格を失うことになり、
ある程度のリスクを覚悟する必要があります。

自己破産の場合では、すべての借金返済義務がなくなるわけですから、
そのかわりに制限されることも多くなるのは、仕方がないことともいえます。
こういったリスクを伴う債務整理では、最も自分にあった方法がどれなのか?
しっかりと見極めたうえで利用することが、重要となってきます。

最初に無料相談ができる窓口

債務整理を行う場合、弁護士や司法書士に依頼することになります。
どの債務整理を行うべきか、自分にあった方法はどれなのかなど、
判断することは難しいですし、弁護士や司法書士にいきなり相談するのは
ちょっと抵抗がある、という方もいるかと思います。

そういった場合には、下記に挙げる借金問題、多重債務などに対応した
無料での相談を受け付けている窓口に、まずは相談してみることをおすすめします。

特に国民生活センターや、日本司法支援センター【法テラス】については、
公的な機関であるため初めてでも安心して利用できる上、それぞれの地域に窓口が設置されていますので、
最初に相談するには、最も相談しやすい窓口であるといえます。

多重債務・借金問題などの無料相談窓口

ただし、これらのすべての相談窓口では、いくら減額できるか?
などの具体的なところまではわかりません。あくまでも、大まかにどういった方法が適しているか、
そして、その際に依頼できる弁護士事務所や司法書士事務所を紹介してくれるといった形になります。他であれば優良な債務整理専門家の選び方も根本的にわかってない人にはおすすめかと。

できるだけ早期の相談がベスト

早期の相談で自分にあった方法を

そもそも、借金はできる限りしないほうが良いことはいうまでもありません。

しかし、既に多重債務などで返済が苦しくなってしまい、
借金問題に悩んでいる方の場合。さらなる借入れ先を探して、借金を重ねるよりも、
債務整理を行い借金返済の負担を軽減、もしくは借金そのものを帳消しにしてしまい、金銭的に無理のない生活を送ることのほうが、より建設的であるといえます。

もう借りれないという場合に残された選択肢は、できるだけ早期に専門家に相談し、
自分にあった債務整理の方法を見つけて、早期に借金の負担を減らすことが、
なによりも先決であるといえます。過払い金請求ができたりもするかもしれませんし やはりまずは相談が一番いい選択肢の様な気がします。

▲PageTop